食べ物を贈ると喜ばれる|喜ばれる贈り物~お歳暮や誕生日プレゼントの選び方~
present

present

誰もが喜ぶお歳暮!高級食材を贈るのが現代風

もらったら嬉しい!名店のお歳暮

お歳暮には、よく消え物が選ばれますよね。消え物なら邪魔になることもありませんし、喜んでもらえる確率も高くなります。老舗名店の商品なら、さらに喜んでもらえる可能性が高くなるでしょう。老舗名店の商品というのは贅沢品に分類できますし、スーパーに並んでいるわけではないので、普段自分で買うことがあまりないからです。

食べ物を贈ると喜ばれる

風呂敷

年末年始の食卓に並べられるものを

お歳暮は、毎年十二月の中旬から下旬ごろに送るものとなります。ですから、この時期もらって嬉しいものにしておくのが理想的ですね。年末年始に食卓に並べられるものにしておくと、無駄なく消費してもらえるので最高です。中でも、カニやいくらなどの海産物は、お歳暮の定番商品になっています。他に、保存の効くハムやソーセージも人気が高いですね。大体一ヶ月程度は保存できるものをプレゼントするのがいいかもしれません。なぜなら、人によってはかなり量のお歳暮をもらうことになるからです。賞味期限がすぐに切れるものは、相手にとって迷惑になる可能性すらあります。保存性に優れている缶詰等も、定番の品物になりつつあります。フルーツは保存方法に気を付ければ意外と長持ちするので、その選択肢もありかもしれません。

フルーツやスイーツなら家族全員食べられる

ビールや日本酒を送るのも悪くはないのですが、できれば家族全員で食べられるものにしておく方がいいでしょう。特に家庭を持っている人に対して送るなら、相手の家族に喜んでもらえるかまで考える必要があります。小さい子どもでも女性でも食べられるものにしておくと、送った側の評価までアップする可能性があるのでオススメです。フルーツは嫌いな人が少ないので、無難な選択肢になりそうですね。プリンやゼリーのような保存の効くスイーツも、選択肢の一つとしては有力でしょう。お菓子類やお漬物なども、喜んでもらえる確率が高くなる商品には違いありません。相手の家族構成や子どもの年齢まで分かるなら、選ぶべき商品も自ずと絞り込まれてくるはずです。まずは情報収集に力を入れるのも良いです。

こだわりのおいしいお米をお歳暮に

お米は保存性にも優れていますし、誰もが食べるものですから、送っても迷惑がられることがありません。こだわりのブランド米をお歳暮に選ぶのも素晴らしい結果に繋がりそうですね。ぜひとも食べてもらいたいブランド米があるなら、それを送るのもいいでしょう。お米はもしもその人たちが普段食べているものと被ってしまっても、何も気にする必要がありません。被っても喜んでもらえることに変わりはないからです。その意味で、比較的送りやすい品物の一つに数えられます。
また、普通の家庭では気に入ったお米があるならずっとそれを食べ続けます。品種を変更する機会自体がそうないので、お歳暮の機会に普段とは違うお米を食べられることに感謝してくれるケースも多いはずです。

迷ったらカタログギフトという手もあり

相手のことをよく知らないと、お歳暮選びも難しくなります。お酒の飲めない人にお酒を送ってしまったりすると最悪ですから、送るなら相手の情報は集めておくのがいいですね。アレルギー体質なら、食べられないものもたくさん出てくるはずです。事前に最低限の情報収集はしておきましょう。
もしも情報収集ができなかったときには、カタログギフトという手を使いましょう。カタログギフトなら、間違った選択をしてしまうことがなくなります。相手に商品を選んでもらえるので、確実に喜んでもらえます。しかも、商品選びをする楽しい時間までプレゼントすることができるので評価も高くなりがちです。逆に自分は商品選びの手間を省くことができます。誰にとってもメリットしかないので、カタログギフトという手は頭の隅に置いておきましょう。